第5回地域産業支援プログラム表彰(イノベーションネットアワード2016)

公開日 2015年07月13日

イノベーションネットアワード2016の募集は締め切りました。

たくさんのご応募、ありがとうございました。

書類ダウンロード

募集案内[PDF:727KB]
応募要項[PDF:750KB]
 

表彰事業の趣旨

  日本各地においては、新事業・新産業創出を目的として、地域特性に応じて多様な地域産業支援プログラムが実践され、様々な成果を上げています。

全国イノベーション推進機関ネットワークでは、このような優れた取り組みを積極的に評価し、表彰することによって、さらなる地域産業振興・活性化を目指します。また、地域産業の振興・活性化を促進するためには、優れた先進事例から学ぶことが大変有効な手段です。先進事例の仕組み、実施ノウハウを地域間で共有することにより、我が国の産業支援基盤の強化を目指します。

  本表彰事業は、各地の地域産業支援プログラムの質的向上および取り組みの普及を図り、より一層の地域産業の振興・活性化を喚起、促進することを目的に実施します。
  今回からは、全国の地域産業支援プログラム中で特に地域産業振興に貢献している優れた地域産業支援プログラムに対して積極的に評価していくために他薦制度を設けました。

表彰名

表彰名と内容
経済産業大臣賞 地域の資源や特性を活かした新事業・新産業創出につながる先導的かつ具体的な成果を生み出している取組のうち、最も優秀な取組
文部科学大臣賞 大学や高専等による地域貢献のための産学官連携の取組のうち、最も優秀な取組
農林水産大臣賞 地域の資源や特性を活かした産業支援の取組のうち、特に農林水産・食品分野に成果を上げた取組において最も優秀な取組
全国イノベーション推進機関
ネットワーク会長賞
地域の資源や特性を活かした産業支援の取組のうち、特に新産業、新事業創出に成果を上げた取組において最も優秀な取組
一般財団法人日本立地センター
理事長賞
地域の産業集積や企業間ネットワークを活用し、地域産業の活性化を図り、集積を強化する取組のうち、最も優秀な取組

※最終プレゼンテーション審査に進んだアワードノミネートプログラムは、公表させていただきます。

応募要件

○現在実施している産業支援事業で、今後も継続する支援プログラム (モノづくり、イノベーション基盤創出、地域資源の活用、人材育成、販路開拓 など)
○地域産業の振興・活性化を目的に活動している公的機関、大学・高等専門学校・高等学校等の学術・教育機関、民間団体等 (法人格がなくても可)

審査基準

○地域産業支援プログラムの内容および仕組み
・支援プログラムの独自性
・事業効果を向上させるための工夫
・地域資源の活用
・産学官にわたる連携活動
・他地域の模範となるプログラム

○地域産業の振興・活性化の成果(数値データ)
・地域産業振興への効果
・新商品、サービス、雇用等の創出
・地域経済への波及効果

審査委員一覧

  • 岸 輝雄 氏 (新構造材料技術研究組合 理事長)[審査委員長]
  • 井口 泰孝 氏 (弘前大学 学長特別補佐)
  • 榎本 輝彦 氏 (公益財団法人ひょうご産業活性化センター 理事長)
  • 後藤 芳一 氏 (東京大学大学院 工学系研究科 教授)
  • 齊藤 仁志 氏 (国立研究開発法人科学技術振興機構 執行役(産学連携事業担当))
  • 佐々木 昭博 氏 (国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構 副理事長)
  • 高木 伸治 氏 (日本経済新聞社 編集局 産業地域研究所 所長 兼 「日経グローカル」編集長)
  • 馬来 義弘 氏 (公益財団法人神奈川科学技術アカデミー 理事長)
  • 山本 強 氏 (北海道大学大学院情報科学研究科 教授)

推薦(他薦)方法

全国の地域産業支援プログラムの中で、特に地域産業振興に貢献している優れた支援プログラムを実践している団体に幅広く応募していただくために、他薦制度を設けました。特に自治体関係者、研究者等の方々には多くの支援プログラムに関わられたり、研究対象にされているかと思います。その中で、先進的で他の模範になる支援プログラムがございましたら、是非ともご推薦下さい。なお、推薦候補には匿名で推薦があったことをお知らせし、応募の意思を確認します。

応募にあたっての留意事項

○最終プレゼンテーション審査及び表彰式の際、旅費を各団体1名分支給いたします。
○受賞および審査結果の取消について
・本表彰の目的を損なうような行為、もしくは申請書に故意による虚偽の記載があった場合。
・公序良俗に反する行為、法令違反など社会通念上、ふさわしくないと判断される場合。
○その他
・応募書類は、本表彰の審査以外の目的には使用いたしません。また応募書類は返却いたしません。
・審査状況および結果についてのお問い合わせには一切お答えできません。

スケジュール

スケジュール画像

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード