文部科学省 シンポジウム『産学官による未来創造対話』のご案内

公開日 2015年07月29日

文部科学省産業連携・地域支援課において世界的なイノベーション競争に打ち勝つための産学官パートナーシップのさらなる深化、その前提となる大学の研究経営システムの抜本的強化を目指して、産学官の関係者の方々との議論を全国各地で展開しておりますが、この活動の一環として、以下に概要を記載しますとおり、8月末に行われるイノベーション・ジャパン(於:東京ビッグサイト)の中で、産学官のオピニオンリーダーの方々にお集まり頂き、「産学官による未来創造対話」シンポジウムを開催することと致しました。

この機会に、できる限り多くの関係者の方々にお集まり頂き、今後の産学官パートナーシップのあり方について踏み込んだ議論をさせて頂きたいと考えております。

貴機関におかれましても、本シンポジウムの趣旨をご理解頂きまして、出席を御検討いただければ幸いです。(なお、本シンポジウムの参加登録は、8月3日(月)から開始されます)。

御多忙のところ恐縮ですが、何卒よろしくお願い申し上げます。


【概要】
シンポジウム『産学官による未来創造対話』のご案内

文部科学省科学技術・学術政策局産業連携・地域支援課

イノベーション・エコシステムの形成について、欧米では様々なモデル作りが精力的に行われており、我が国でもそのような取り組みの抜本的強化が必要であることが叫ばれています。
その中で、大学・研究機関には、イノベーション・エコシステムの成長の源泉となる革新的な技術、事業構想を生み出す核となる役割を担うことが強く期待されており、産業界にも自前主義からの脱却、オープンイノベーションへの方向転換が求められています。このことから、産業界と大学・研究機関のパートナーシップをより本質的なものに深化させることが急務とされています。

一方で、我が国の産学官パートナーシップの状況に関するいくつかの分析結果から、欧米に比べて、我が国におけるパートナーシップ深化のスピードは遅く、産業、サイエンスの両面での国際競争力に悪影響を及ぼしつつあるのではないかとの指摘もなされています。

以上の問題認識に基づき、産業界と大学・研究機関が、それぞれの成長を支え合い、我が国の未来を共同で切り開いていくためのパートナーシップをどのように構築していくかを真剣に議論する場として、シンポジウム『産学官による未来創造対話』を開催することと致しました。

今回のシンポジウムは、8月28日(金)に東京ビッグサイトで、イノベーション・ジャパンの関連行事として開催されます。全国の大学、研究機関、経済団体等の関係者が一堂に会し、「未来創造に資する産学官連携の深化に向けた対話・・・Whatから始まる産学官連携」を全体テーマとして、基調講演やパネルディスカッション等を行うことが予定されています。大学や企業で産学連携、オープンイノベーション、新規事業育成に携わる方々をはじめ、将来のイノベーション創出の担い手となる産学官の若手研究者、技術者、経営者、そして学生の方々にも奮ってご参加いただくようお願い申し上げます。

1.実施内容

対 象:全国の大学、研究機関、経済団体等の産学官連携関係者等
日 時:8月28日(金)10時~12時30分
場 所:東京ビッグサイト レセプションホールB(東京都江東区有明3-11-1)
主 催:文部科学省
共 催:国立研究開発法人科学技術振興機構
参加費:無料
別 添: 「産学官による未来創造対話」チラシ[PDF:731KB]

2.参加・申込方法

下記の必要事項をEメールにて御記入いただき、参加申込先へご提出ください。
なお、お申込多数の場合、会場定員(400名)に達した時点で申込を締め切らせて
いただきますので、あらかじめ御了承ください。

--------<ここから>--------
(1)お名前
(2)ふりがな
(3)所属機関
(4)所属部署
(5)役職・職名
(6)E-mailアドレス
(7)所属機関の都道府県名
--------<ここまで>--------

●参加申込先(E-Mail): mextsympo@jstfair.com
●申込期間:平成27年8月3日(月)~平成27年8月21日(金)
※当日参加も受付させていただきますが、事前申込の方が優先入場となりますのであらかじめ御了承ください。
※御来場に際しては、公共交通機関を御利用ください。
※お申込みの際に御記入いただいた個人情報は、本シンポジウムに関すること以外には使用いたしません。

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード