イノベーションネットフォーラム2016 開催報告

公開日 2016年10月07日

去る6月17日、イノベーションネット通常総会に引き続き、
「イノベーションネットフォーラム2016~地方創生をめぐる大学と地域のあり方 大学の地域貢献分析調査結果等をもとに~」
を開催しました。

大学の地域貢献分析調査プロジェクト委員長をお引き受け頂いた松重和美氏(四国大学)及び
大石賢治氏(イノベーションネット)からの調査結果報告の後、先進的な大学として、
髙橋省吾氏(鹿児島大学)、太田勲氏(兵庫県立大学)、住吉廣行氏(松本大学)から取り組み事例を紹介頂きました。
その後、地方創生をめぐる大学と地域のあり方についてパネルディスカッションを行いました。
(モデレーター:梶川義実(イノベーションネット事務局次長)

当日は100名近くの方にお越し頂き盛況となりました。この場を借りて御礼申し上げます。

下記に、当日の講演資料を掲載いたしますので、ご参考にして頂けましたら幸いです。

 

  • 松重 和美氏(四国大学学長/大学の地域貢献分析調査プロジェクト委員長)  大学の地域貢献分析調査報告[PDF:416KB]
  • 大石 賢治氏(イノベーションネット参与/元 (公財)京都高度技術研究所専務理事)

                                                                       「地域貢献大学」実現のために取組むべき施策(提案)[PDF:356KB]

 

吉川会長  松重学長  大石参与

     基調講演(吉川会長)          調査結果報告(松重委員長)        調査結果報告(大石参与)

 

                          パネリスト  会場

                                             パネルディスカッション

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード