第157回産学交流サロン「ひびきのサロン」((公財)北九州産業学術推進機構〔FAIS〕)

公開日 2017年03月09日

第157回産学交流サロン・北九州市立大学 環境技術研究所「IEST Lab.」開設記念
北九州市立大学 バイオメディカル材料開発センター シンポジウム
「北九州地区に先進バイオテクノロジーの産業の芽を」


人工知能技術の進展や新しい分子生物学の進歩により、世界の産業構造は予想以上の速さで変わりつつあります。
北九州地区が“モノづくり”の拠点として、今後もアジアや世界の中で存在感をもった都市として、人々を惹きつけ
て情報を発信していくには何が求められるでしょうか?常に次の時代の風を感じ、自らパラダイムシフトを起こし
て、変わっていく勇気が必要かもしれません。
北九州市立大学・国際環境工学部のバイオメディカル材料開発センターでは、ナノテクノロジーやソフトマテリア
ルを基軸にした先進バイオテクノロジーが次世代の産業の中核となると考えています。この度、材料の合成から物
性評価、さらには動物試験を一貫して行える施設が完成するにあたり、記念講演会を開催します。

■日 時:平成29年4月21日(金)
     【講演会】13:00~15:40【交流会】15:50~16:50
■場 所:北九州学術研究都市 会議場
■主 催:公立大学法人 北九州市立大学
    公益財団法人 北九州産業学術推進機構〔FAIS〕

【内 容】
主催者挨拶(13:00~13:05)
 北九州市立大学 環境技術研究所 所長 梶原 昭博 氏

講演1(13:05~13:35)
 「ナノサイエンスの目で観た糖質化学~分野横断的な視点の重要性について~」
 九州大学 名誉教授
 九州先端科学技術研究所 所長 新海 征治 氏

質疑応答(13:35~13:45)

小休憩(13:45~13:50)

講演2(13:50~14:35)
 「細胞認識性バイオマテリアル設計による医療革新」
 東京工業大学 名誉教授
 国際科学振興財団 再生医工学バイオマテリアル研究所 所長 赤池 敏宏 氏

小休憩(14:35~14:40)

講演3(14:40~15:40)
 「治療から予防へのパラダイムシフトによって新しい産業を~バイオマテリアルとワクチン~」
 北九州市立大学 国際環境工学部 教授
 バイオメディカル材料開発センター センター長 櫻井 和朗 氏

交流会(15:50~16:50)
 会費:1,000円※ひびきの会会員は無料

◎詳細情報、第157回産学交流サロンチラシはこちら
 ⇒ http://www.ksrp.or.jp/fais/iac/news/archives/2017/003017_0308_160332.html

◎お申し込みはこちら
 第157回産学交流サロン「ひびきのサロン」申込みフォームより
 ⇒ http://www.ksrp.or.jp/fais/iac/project/salon/index.php?form=144

<お問い合わせ先>
 公立大学法人北九州市立大学 事務局
 担当:企画管理課 中村・本山
 TEL:093-695-3311 FAX:093-695-3368

<お申し込み先>
(公財)北九州産業学術推進機構 産学連携統括センター
 担当:産学連携部 産学連携課 上野・内田・新町
 TEL:093-695-3006 FAX:093-695-3439 E-mail:iac@ksrp.or.jp