イノベーションネットアワード受賞事例に基づく地域イノベーション手法研究会【広島開催】のご案内

公開日 2018年11月14日

イノベーションネットアワード受賞事例に基づく

地域イノベーション手法研究会【広島開催】のご案内

全国イノベーション推進機関ネットワークでは、イノベーションネットアワードの受賞事例を活用した

「平成30年度第2回地域イノベーション手法研究会」を12月6日(木)に広島市内で開催いたします。

 

今回の研究会の開催テーマは「被災地における地域産業支援について」です。

今夏の西日本豪雨に際し、被害の大きかった地域の産業支援機関等では、既にグループ補助金を活用した

ハード面での復興支援活動に取り掛かっているところもあろうかと思います。しかし、いったん失った販路の

回復が難しい等、被災企業は経営上多くの課題を抱えることとなり、今後、グループあるいは個別企業に対する

ソフト面での支援ニーズが顕在化してくるものと思われます。

また、昨今の大災害が頻発する状況の中で、大きな被害の無かった地域においても今後の災害に備えて、

地域支援機関等として何ができるか、何をすべきか事前に検討しておくことは極めて重要です。

 

そこで、今回の研究会では、東日本大震災で大打撃を受けた地域産業の支援を展開してイノベーション

ネットアワードで経済産業大臣賞を受賞した仙台市産業振興事業団の事例と、実際に被災地支援に入って

数年にわたり支援活動を続ける中小企業基盤整備機構震災復興支援アドバイザーから、被災地産業支援の

実際について学ぶとともに、被災地企業への支援、今後の備え等について講師を交えて意見交換し、被災地

における地域産業支援についての理解を深めたいと思います。
地域産業支援への理解を深め、今後の各地での支援に生かしていこうとする皆様の参加をお待ちしています。

 

日時:2018年12月6日(木) 13:30~17:00

場所:中小企業基盤整備機構中国本部会議室
     広島市中区八丁堀5番7号 広島KSビル3階
          (広島電鉄本線「八丁堀」電停、広電バス・広島バス「八丁堀」バス停下車、徒歩3分)

テーマ:「被災地における地域産業支援について」

プログラム

  ・西日本豪雨復興支援に係る情報提供 
                 (中国経済産業局 産業部 中小企業課長 近村 淳 氏) 

      ・イノベーションネットアワードの表彰事業の趣旨及び活用方策について
                  (全国イノベーション推進機関ネットワーク事務局)

 【講演】 
  
(講演1)イノベーションネットアワード2012 経済産業大臣賞受賞事業
    「震災復興版イノベーション推進事業」
            講師: 仙台市産業振興事業団 産業創造部長 関 憲二郎 氏
   

  (講演2)「被災地における復興事業とその後の地域産業支援の実際~東日本大震災時の支援実例をもとに」
              講師: 中小企業基盤整備機構東北本部 震災復興支援アドバイザー 横尾 徳仁 氏


  ・ グループディスカッション   


●主催:全国イノベーション推進機関ネットワーク

●参加対象:産業支援機関、商工団体、大学・高専、公設試、金融機関、地方自治体、国等の機関等で
       地域産業支援活動に携わる職員・コーディネータ等

●参加募集人数:20名程度
       ※希望者が多い場合、申し込みをされても参加をお断りする場合がございます。

●参加費:無料

 

<お問い合わせ先>

全国イノベーション推進機関ネットワーク 事務局(担当:守屋、渡辺、大石) 

〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台一丁目8番地11 東京YWCA会館8階  
      一般財団法人日本立地センター内

TEL:03-3518-8973    FAX:03-3518-8970   
E-mail:innova(アットマーク)jilc.or.jp​ ※ (アットマーク) は @ に置き換えて下さい。

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード